スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘17-‘18サロモン試乗会レポ

続いてサロモンです❄


☆総表
モデル全体的に、昨シーズンよりもフレックスがしっかり
していて、エッジホールド、安定性も良くなっています。
従来の回転操作の良さに加えて、パワーUPした
モデルに変わりました。


*評価は6段階 
・安定性
悪い-2、やや悪い-1、普通0、やや良い1、良い2、大変良い3

・エッジの捉え
ルーズ-2、ややルーズ-1、普通0、ややしっかり1、しっかり2、大変しっかり3

・ターン性能
低い-2、やや低い-1、普通0、やや高い1、高い2、大変高い3

・フレックスの硬さ
やわらかい-2、やややわらかい-1、普通0、やや硬い1、硬い2、大変硬い3

・回転操作性
ずらし難い-2、ややずらし難い-1、普通0、ややずらし易い1、ずらし易2、大変ずらし易い3

・レスポンス
遅い-2、やや遅い-1、普通0、ややしっかり1、しっかり2、大変しっかり3

・総評
悪い-2、やや悪い-1、普通0、やや良い1、良い2、大変良い3




★X-RECE SW SL 165cmレースSLモデル
(写真↓青、真ん中)
レースモデルというよりも、デモモデルとして対応された
しっかりと安定性のあるフレックスの仕上がりです。
トップとテール部のエッジプレッシャーが軽く
ロッカータイプになっているため、回転操作性が良いです。
また、しっかりしたエッジの捉えによるカービングターンから
早い回転操作のスキッドターンまで、対応幅の広いスキーに
なっています。
ハードとソフトの2種類のプレートが付き、パワースピード系
の方にはハード、テクニカル系の方のはソフトをお勧めします。


・安定性 1 ・エッジの捉え 1  ・ターン操作性 1 ・フレックスの硬さ 0
・回転操作性 2 ・レスポンス0 ・総合評価 1

s-DSCN0774.jpg




★X-RECE SW GS 170cmレースGSモデル
(写真↑青、上から3番目)
SW SLと同様の滑走感ですがレスポンスは
SLモデルよりも良いです。

・安定性 1 ・エッジの捉え 1  ・ターン操作性 1 ・フレックスの硬さ 0
・回転操作性 2 ・レスポンス0 ・総合評価 1






★X-MAX12 170cmデモオールラウンドトップモデル
(写真↑ 黒1番下)
軽めでしっかりしたフレックスで安定性もあります。
スキッドターンに対応しやすい、適度なエッジホールド
との組み合わせにより、オールラウンドにターン操作の
しやすいスキーになっています。


・安定性 1 ・エッジの捉え 0  ・ターン操作性 1 ・フレックスの硬さ 0
・回転操作性 2 ・レスポンス0 ・総合評価 1




★X-MAX10 165cm デモオールラウンドセカンドモデル
中上級レベルのスキーヤーに対応したモデルです。
フレックスはセンター部分がしっかりして、安定性があり
トップとテール部はとても軽いスウィングウェイトで
ターン操作が楽で扱いやすいです。
スピードパワー系の滑りには少々フレックスが負けてしまうため
不向きです。

・安定性 0 ・エッジの捉え 1  ・ターン操作性 0 ・フレックスの硬さ 0
・回転操作性 2 ・レスポンス0 ・総合評価 0


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

sayurin

Author:sayurin
SKISHOP COLLABO
ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。